TOP

スポンサーKataribe

なぜお肌が乾燥するの?原因をさぐってプルンプルンなお肌を目指しましょう

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

冬になるとお肌がカサカサ乾燥しちゃいますよね。
いくらクリームなどを塗って保湿しても追いつかなくて「粉ふきいも」みたいにカッサカサなってしまいます。

なぜお肌が乾燥するのでしょうか?

原因はいくつかあるようです。

・間違ったお手入れ
・食生活
・生活習慣

などと言われています。
それぞれについて見てみましょう。

●間違ったお手入れ
洗いすぎ、お湯の温度が高い、タオルで拭くときにゴシゴシこする
などが間違いのようです。
必要な脂分まで取り除かれて、カサカサが改善されません。

●食生活
不規則な食事や偏った食事はダイレクトにお肌に影響します。
いくらお手入れをがんばって表面を潤わせても、体の中から潤わせないといけません。
乾燥肌に良い栄養素を見てみましょう!

・ビタミン類(A、B群、E、C)
お肌にはビタミン! と言われるくらい有名ですね。
綺麗なお肌にはビタミン類が欠かせません!

ビタミンAは、緑黄色野菜、乳製品、レバー、卵、うなぎなど。
ビタミンB群は、豚肉、レバー、大豆、卵、乳製品、ほうれん草など。
ビタミンEは、ごま、大豆、アーモンドなど。
ビタミンCは、ブロッコリー、ピーマン、柑橘類、イチゴなど。

・たんぱく質
体はたんぱく質からできています。
そのたんぱく質が不足すると、新しい細胞の生まれ変わりがうまく行われなくなります。

お肉、魚、大豆、卵、牛乳、乳製品などです。

●生活習慣
エアコンをガンガンかけていると部屋が乾燥しますね。
お肌も影響を受けてしまいます。
できるだけ加湿器を使って部屋を乾燥し過ぎないようにしましょう。

睡眠不足もいけません。
寝ている間にお肌が生まれ変わります。
しっかり睡眠をとって、お肌を綺麗に生まれ変わらせましょう!

熱めのお風呂、長風呂もいけません。
熱めのお湯は、あっという間にお肌に必要な脂分を溶け出させてしまいます。
お湯の温度はそれほど高くなくても、保湿成分は水に溶けやすいのです。

ストレスももちろんお肌には良くありません。

冬に冷たい水で顔を洗うのは勇気がいりますね。
いつもより、ほんの少しだけ温度を下げて洗ってみましょう!
なるべくお肌に良い栄養素をまんべんなく取り入れるよう心掛けましょう!

絶対にそうしなきゃ! と思ってしまうと逆にストレスになっていまいます。
できることから少しずつ!
プルンプルンなお肌を目指しましょう。

.

最終更新日:2016-01-07 14:51

コメント (0)